Trankiel  Groningen - Japan
Welkom  Terug in de tijd Japanners in Nederland Groningen en Japan Cultuurverschil Japan Groningen  
 ようこそ むかし へ オランダ の 日本人 フローニンゲン と 日本 文化のちがい 日本 フローニンゲン  

4. オランダの犯罪


 この冒険は、次のように始まります。
「五月のある日の午後、デルフザイルに到着したとき、メグレは、このオランダ北端にある小さな小都会へ自分を呼び寄せた事件の、ごくあらまししか知っていなかった。」


 メグレは、商船学校の教師ク―ンラート・ポッピンハと呼ばれた男の事件を解決する、という指令を受けていました。それではどうしてデルフザイルにフランス人警部が派遣されたのでしょう? 理由は簡単です。フランス人教授ジャン・デュクロがポッピンハを殺害した容疑をかけられているからです。

 メグレは汽車で到着します。駅の横には、背の高い木立と、バラの花壇がその中に設えられ、側面がくっきりと切り揃えられた芝生の区画がある、公園があります。彼は駅長に、乗客としてただ一人挨拶されます。そこに音楽堂もあることに気付き、地元の音楽家達がここでどのようにコンサートを行なうのだろうかと、彼は想像をめぐらせます。
 夏には赤いバラが真盛りで、これも美しい光景。彼のように汽車で初めてこの港町を訪れた人達を素敵に歓迎します。
   ≪デルフザイル駅(左)と音楽堂(右)≫

 彼は道路の反対側へ少し歩き、ホテル・カフェ「ノードオースター」に入り、そこでビールを注文します。
   ≪ホテル・カフェ・ノードオースター≫


 彼はどんなことに直面しているのでしょうか。緑の堤防がここからはっきり見えます。その隣に玩具のように横たわっているこの小さな町に、彼をパリの都から運んだこの事件はどのようなものなのでしょうか。堤防まで数百メートルほどしかないでしょう。殺人などすぐに考えられるような場所ではありません。しかし、ダムステルディープを眺めるポッピンハの家で殺人事件が起こったのです。


 その殺害の夜、ライクスヴェヒ31番地のポッピンハの家には、次の人達がいました。ク―ンラート・ポッピンハ。その妻リースベト。彼女の妹、法学博士のアニーは既に数週間その家に滞在しています。ポッピンハ家に泊まっているジャン・デュクロ教授。養牛場の娘で18歳のベーチェ・リーヴェンス。商船学校の学生のコルネリス・バーレンス。隣人のヴィーナンス一家。そして「ボス(親方)」と呼ばれているロトゥム島の監視人のオースティング。オースティングはポッピンハの友人です。


 アニーは彼女の義兄に恋していて、彼がよく自転車でベーチェ・リーヴェンスをファームまで送って行くことに嫉妬しています。ポッピンハ夫人はこのことを、何とも思っていません。
 社会学教授、フランス人ジャン・デュクロは、ホテル・ファン・ハッセルトで、「殺人犯の責任」というテーマで講演をします。このいわゆる「文化の夕べ」は、リースベト・ポッピンハ夫人が会長である協会が催したものです。それには、若干のデルフザイルの主だった住民が参加しています。


≪ホテル・ハーモニー(ホテル・ファン・ハッセルト)≫


 講演の後、上記の人たちが連れだってポッピンハの家に行きます。そこで終わったばかりの講演について議論し、ダンスもします。
 その '楽しい' 夜の終わりに、ク―ンラートはいつものようにベーチェを家に送り、家に戻った時浴室の窓から撃たれて亡くなります。


 銃声の後、自分の寝室の隣の浴室で窓台の上にあったピストルを見つけるのは、ジャン・デュクロ教授です。デュクロはピストルを手に持って廊下に飛び出し、怯えたポッピンハ夫人と出会います。だから、この殺人事件で彼が疑われるのに充分な理由。後に、船員帽が浴室で、葉巻の吸殻が食堂で発見されます。帽子は、ロトゥム島の監視人で、彼の船が港に停泊している、オースティングのものと思われます。その後、港で新しい帽子をかぶったオースティングが見かけられます。


 ベーチェの父、養牛場の主リーヴェンスは、娘からク―ンラート・ポッピンハへの、そしてク―ンラートから娘へのラブレターを発見します。それは、クーンラートと一緒に逃げ出したいという内容で、彼女の父は激怒しています。


 メグレは、この件を出来ればもみ消したいと思っているオランダ人の同僚、パイペカンプと事件について議論します。
 デルフザイルの人々は、フランス人警部の町への到来を嬉しく思っていません。 何よりも:ノー・スキャンダル!真実は隠しておこう!


 しかし見事な復元で、メグレは殺人事件を解決します。ク―ンラート・ポッピンハが女と名がつくすべてのものに惹かれていたことを、彼は発見します。 「つまり、彼は女ならだれでもものにしたがる人間だったと言うわけです......小さい軽はずみをいたるところで犯している......ちょっとしたすきにベーゼや愛撫をおこなっている......だが彼がなにより大事にしていたのは、自分の身の安全なのです......彼は長いあいだ船長をやっていました......だが彼は国王陛下の官吏であり、その地位に執着をもっています、ちょうど家や故郷や妻に執着をもっているように......。」
 動機が明確になります。痴情による犯罪...
 次の日早朝5時、メグレは一番列車でデルフザイルを去ります。誰も彼を駅に見送る者はいません... 誰も彼に感謝するものはいません...









≪今日のデルフザイル駅≫




                      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  前へ 次へ









© 2006 Trankiel